◇最近の発表(論文、国際会議、解説、総説) Recent Publications

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

◆ 2017年の業績

(査読付論文)

Hu, W.,Yoshioka-Kobayashi T., and Watanabe T.,2017 Impact of patent infringement litigation on the subsequent patenting behavior of plaintiffs from small and medium enterprises,International Review of Law and Economics,accepted

Fujiwara, A. and Watanabe T., 2017. Knowledge management using external knowledge. International Journal of Innovation MaInternational Journal of Innovation Management Vol. 21, No. 4 ,1750031-1 16.

(国際会議論文)

Shin Ito & Toshiya Watanabe ”Survey Analysis for Workplace Management of Universities’ Research Managers and Administrators”, PICMET ’17 Conference “Technology Management for Interconnected World” Portland Marriott Downtown Waterfront Portland, Oregon, USA, July 12(2017) 

◆ 2016年の業績

吉岡(小林)徹・渡部俊也(2016)「登録意匠の価値を表す指標—意匠の被引用数についての探索的研究—」『日本知財学会誌』12巻3号: 72頁-95頁(2016)
https://www.ipaj.org/bul…/backnumber/12th_no3_2016_0320.html

(国際会議論文)

Hu, W. and Watanabe, T., Nov.18 2016. Patent infringement awards in Japan: an effective legal remedy for patent holders? Asia Pacific Innovation Conference, Kyushu University. 

Yoshioka-Kobayashi, T and Watanabe, T., Nov.17 2016. Technology Absorption through Research Consortia and the Myth of Horizontal Cooperation in National Research Project, Asia Pacific Innovation Conference, Kyushu University.

Yuri Hirai & Toshiya Watanabe “Empirical Study Regarding the Leakage of Technological Know-How in Japanese Firms”PICMET ’16 Conference,”Technology Management for Social Innovation”September 4 – 8( 2016)

(招待論文)

古谷真帆,渡部俊也,2016日中韓の営業秘密保護 -3カ国の比較を通した課題と今後の協力の可能性- 日本知財学会誌,13(1),pp.39-46.

米山、渡部、山内「オープン・イノベーションと知財マネジメント」一橋ビジネスレビュー,SPR2016

(ディスカッションペーパー)

渡部俊也,2016.危機を乗り越える企業のSocial Capital-東北関連企業が遭遇した2回の危機に関する質問票から-,東京大学政策ビジョン研究センターワーキングペーパー,PARI-WP No. 25.

渡部俊也、平井裕理「日本企業の技術ノウハウの保有状況と流出実態に関する質問票調査」RIETIディスカッションペーパー、16-J-014(2016)http://www.rieti.go.jp/jp/publications/summary/16030008.html

(国内学会発表論文)

池田、吉岡、渡部「事業ポートフォリオ転換をすすめる企業研究者の行動とパフォーマンス」日本知財学会第14回年次学術研究大会、日本大学、124日(2016 

瀬川、吉岡、渡部「特許無償開放による間接効果を含む参照研究活動の促進効果の分析」日本大学、124日(2016

◆ 2015年の業績

(学会発表論文)

吉岡(小林)徹、渡部俊也「外部デザイナーの関与が企業の意匠に与える影響-総合電機メーカーの登録意匠情報による実証分析-」、日本知財学会年次学術大会、12月6日(2015)

胡韋、渡部俊也「特許権侵害訴訟の結果が原告企業のイノベーションパフォーマンスに与える影響に関する実証研究」日本知財学会年次学術大会、12月6日(2015)

平井祐理、渡部俊也「日本企業における技術ノウハウとその管理に関する研究」日本知財学会年次学術大会、125日(2015

伊藤伸、渡部俊也「大学等研究マネジメント人材のスキル分布―知財関連業務を軸にした分析」日本知財学会年次学術大会、125

小山田浩、渡部俊也「日本の素材製造業における発明の生産性分析―共発明者のネットワーク構造が企業の発明の質・量に与える影響」日本知財学会年次学術大会、125日(2015

小坂佳範、吉岡(小林)徹「M&A後の研究者ネットワークの統合に伴う各研究者の役割変化」日本知財学会年次学術大会、125日(2015

吉岡(小林)徹,渡部俊也、研究技術計画学会第30回年次学術大会、早稲田大学西早稲田キャンパス,10月11日(2015)

犬塚篤、渡部俊也「研究開発組織におけるネットワーク生成とその効果」組織学会、6月20日(2015)

(国際会議発表論文)

Tohru Yoshioka-Kobayashi & Toshiya Watanabe ”Linking Product Design and Technology: an Empirical Study on Performance and Experience in Novel Product Development Teams” PICMET ’15 Conference,”Management of the Technology Age” Portland, OR,USA, August 04(2015)

(国際機関報告書)

Shigemi Yoneyama,Toshiya Watanabe,Maho Furuya, et.al. ”Reforming The Intellectual Property System to Promote Foreign Direct Investment in ASEAN”,ERIA,Research Project Report 2013-16,November (2015)

◆ 2014年の業績

 (査読・審査付き論文、国際会議論文、招待論文、ディスカッションペーパー)

吉岡(小林)徹、渡部俊也「組織境界を越えた知識探索の成果定着と研究コンソーシアムの関係-NEDOプロジェクト成果特許の実証分析-IAM ディスカッションペーパー(2014) 

古谷真帆、渡部俊也「バイドール制度の各国比較」IAM ディスカッションペーパー(2014) 

Hiroshi Oyamada & Toshiya Watanabe” Inventive Productivity in Japanese Materials Sector”  PICMET ’14 Conference,Kanazawa, Japan,July 27 – 31(2014) 

Tohru Yoshioka-Kobayashi & Toshiya Watanabe” Industrial Designers as a Driver of Technology Innovation: Evidence from a Japanese electronics industry” IAM Discussion paper No.34(2014)  

Ayano Fujiwara & Toshiya Watanabe ”The effect of researcher mobility on organizational R&D performance: researcher mobility and innovation” IAM Discussion Paper Series No.32(2014) 

犬塚篤・渡部俊也「パネルデータ分析を用いた社会的埋め込み理論の検証」『組織科学』 Vol.47, No.3,64-78(2014)

(学会発表論文)

藤原綾乃、渡部俊也「人を介した技術情報の流出と獲得―技術と発明者の距離に関する実証分析」日本知財学会第12回年次大会、1130日(2014

伊藤伸、渡部俊也「大学研究マネジメント人材に求められるスキル、行動、育成についての考察」日本知財学会第12回年次大会、1130日(2014)日本知財学会第12回年次大会、1130日(2014

小山田浩、渡部俊也「日本の素材製造業における発明の生産性分析」日本知財学会第12回年次大会、1130日(2014

吉岡(小林)徹、渡部俊也「意匠権の被引用数の意味 1995-2013に行われた意匠登録の分析」日本知財学会第12回年次大会、1130日(2014

犬塚篤、渡部俊也「特許発明者のネットワーク構築戦術」日本知財学会第12回年次大会、1130日(2014

吉岡(小林)徹,渡部俊也「研究コンソーシアムの効果─公的研究開発プログラムにおける成果特許の実証研究─」研究・技術計画学会第29回年次学術大会,1019日(2014

藤原綾乃,渡部俊也「新興国における企業の研究開発─高度人材の獲得─」研究・技術計画学会第29回年次学術大会、1019日(2014

◆ 2013年の業績

 (書籍)

渡部俊也(分担執筆)「グローバル経営を推進する知財戦略の教科書」秀和システム(藤野仁三, 鈴木公明監修)のうち 1-3章「科学技術政策」および3-1章「知財戦略論」(2013

 (査読・審査付き論文、国際会議論文、招待論文)

 平井裕理、渡部俊也、犬塚篤「日本の大学発ベンチャーのトップ・マネジメント・チームが業績に与える影響に関する実証研究」研究技術計画、研究 技術 計画  Vol. 27, No. 3, 2013

 Yuri Hirai, Toshiya Watanabe and Atsushi Inuzuka, ”Empirical analysis of the effect of Japanese university spinoffs’ social networks on their performance,” Technological Forecasting and Social Change, Vol.80, No.6, pp.1119-1128, 2013.

Toru Kobayashi & Toshiya Watanabe “Industrial Designers as a Driver of Technology Innovation: Evidence from a Japanese electronics industry” The 6th ISPIM Innovation Symposium – Innovation in the Asian Century, in Melbourne, Australia on 8-11 December 2013.

 Ayano Fujiwara & Toshiya Watanabe ”The effect of researcher mobility on organizational R&D performance: researcher mobility and innovation” The 6th ISPIM Innovation Symposium – Innovation in the Asian Century, in Melbourne, Australia on 8-11 December 2013.

 渡部俊也「日本の産学連携と大学発ベンチャー創出―現状と制度」과학기술과법제4권제2호「科学技術と法」(2013. 12)

(学会発表論文) 

 小林徹、渡部俊也「発明者としてのデザイナー:日本の家電業界における実態とその成果の質の分析」日本知財学会年次学術大会,青山学院大学,1130,121(2013)

 西部壮紀、渡部俊也「特許権侵害訴訟人認容額を用いた特許権価値評価の試み」日本知財学会年次学術大会,青山学院大学,1130,121(2013)

 奥田慶文、渡部俊也「ポートフォリオレベルでの知財評価手法の構築」日本知財学会年次学術大会,青山学院大学,1130,121(2013)

 渡部俊也、小林徹「政府系知財ファンドの役割:各国における動向と課題」日本知財学会年次学術大会,青山学院大学,1130,121(2013)

 (国際会議)

 Toshiya WatanabeCurrent Issue of IP Human Resource Development Role of Academia and University”知的財産人材育成国際シンポジウムプログラム,重慶大学(中国重慶市)4.28(2013)

 Toshiya Watanabe “International Transfer of Japanese Technologies: Statistics, Case Studies and Recommendations” invited lecture,The Intellectual Property Forum of CSITF 2013, “Better Practice of IPR Protection in Technology Exchange” Yangtze Ballroom I, 3rd Floor, Renaissance Shanghai Yangtze Hotel, May 10 2013     

 Toshiya Watanabe” Remark by IPAJ Representatives” at opening session of International Seminar on Intellectual Property of China, Japan and Korea, organized by Chinese Academy of Intellectual Property, July 19 (2013) 

 Toshiya Watanabe” University Industry Cooperation in Japan – Current Status and Legal System” International Conference on A Legal Analysis on University’s Technology Transfer Service:focused on the Acrivating ways of School-Based Enterprise at The Law Research Institute, Chungbuk National University, Chungbuk National University, Law School 08 August (2013)

 Tsohiya Watanabe & Maho Furuya” Japan the Industrial Technology Enhancement Act (ITEA)-Japan’s Corollary to the U.S. Bayh-Dole Act- Current system and Issues”, Session of Intellectual Property Institutions & Socio-Economic Development,Asia-Pacific Intellectual Property Forum–Intellectual Property Systems: Globalization and Localization, Suzhou Industrial Park, Suzhou,China,Nov.16-17(2013)

 Tsohiya Watanabe, Commentator in the panel session of “Limitations and Exceptions on Intellectual Property” Asia-Pacific Intellectual Property Forum–Intellectual Property Systems: Globalization and Localization, Suzhou Industrial Park, Suzhou,China,Nov.16-17(2013)

 (論説、解説、総説、学会論文、報告書、教材)

 米山茂美、渡部俊也、長谷川光一「産学連携が大学研究者の研究成果に与える影響」科学技術政策研究所Discussion Paper;087http://data.nistep.go.jp/dspace/handle/11035/1192)(2013

 渡部俊也「新たな新興国における事業展開の要諦―知的財産マネジメントの視点から機会とリスクを評価する―」知財研フォーラム,vol.92,p -p(2013)

 渡部俊也「新興国におけるグローバル知財マネジメント」知財管理vol.61 NO.4,p-pNO.724) http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokujinew.html

 渡部俊也「技術貿易黒字が拡大」連載コラム論風SankeiBiz(サンケイビズ)2013.3.14 05:00http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130314/cpd1303140500001-n1.htm 

 渡部俊也「技術流出時代の知財戦略 知識としての技術の管理とそのポイント」リスクマネジメント TODAY http://www.arm.gr.jp/today.html

 渡部俊也「グローバル企業の新興国ライセンス契約」日経時事法務メルマガ(2013

 渡部俊也「大学発ベンチャーの振興」連載コラム論風SankeiBiz(サンケイビズ)2013.5.22

渡部俊也「企業の発明奨励に向けて、多様な動機付けを促す制度を」連載コラム論風SankeiBiz(サンケイビズ)2013.92

渡部俊也「リレーコラム:各国知財政策の展望プロパテントの多義化によるイノベーション戦略」東京大学政策ビジョン研究センター、722日(2013http://pari.u-tokyo.ac.jp/column/column86.html 

渡部俊也,小林徹,藤原綾乃「ネットワーク理論の知財情報への応用」Japio Year Book 2013 (2013)

◆2012年の業績

 (書籍)

渡部俊也「イノベーターの知財マネジメント」白桃書房(2012

T.Watanabe, “Technology Licensing from University to Industry in Japan”, Chapter 10, in Series on Innovation and Knowledge Management, vol.10, The dynamics of reginonal innovation, policy change in Eupopa and Japan,edited by Yveline Lecler et.al. World Scientific Publishing, 225-244(2012).

 (査読・審査付き論文、招待論文、学会発表論文)

渡部俊也「境界を超えるオープンな知財ライセンス契約─どのようにして生まれ,どのように機能し,どういう意味を持つのか─」組織科学, 46巻第2(2012)

H. Ohsaki, R.Andou, A.Kinbara and T. WatanabeCrystallization of ITO and TiO2 by RF plasma treatment Vacuum, vol 87, 145-149 to be published

Shigemi Yoneyama and Toshiya Watanabe”University-industry collaboration and academic performance” The 5th ISPIM Innovation Symposium – Stimulating Innovation: Challenges for Management, Science & Technology – takes place in Seoul, Korea on 9-12 December (2012).

S.Hido, S.Suzuki, R.Nishiyama, T.Imamichi, R.Takahashi, T.Nasukawa, T.Ide, Y.Kanehira, R.Yohda, T. Ueno, A.Tajima and T.Watanabe, “Modeling Patent Quality: A System for Large-scale Patentability Analysis using Text Mining”, Journal of Information Processing, Vol.20, No.3(2012).

渡部俊也, “「現場」発の産学連携マネジメントの評価と運用産学連携学,vol 8,No2 (2012).

渡部俊也「何のための共同研究:産学連携共同出願特許の行方」日本知財学会第10回年次学術大会(2012

渡部俊也「ライセンス契約におけるグラントバック条項の戦略的含意」日本知財学会第10回年次学術大会(2012 

小林徹、渡部俊也「標準規格必須特許に対するRAND宣言の意味に関する近年の動向とその影響」日本知財学会第10回年次学術大会(2012

藤原綾乃、渡部俊也「イノベーションの収益化における知財の役割~日本企業と韓国企業の新興国における研究開発の比較~」日本知財学会第10回年次学術大会(2012

(論説、解説、総説、学会論文、報告書、教材)

渡部俊也「技術流出時代の知財戦略:知識としての技術管理の要諦」『リスクマネジメント TODAY』新春号掲載予定 

渡部俊也,”「産学連携」の評価” SankeiBiz, 論風(2012).

渡部俊也, “減少する研究開発投資,デザイン知財戦略の再構築を“, SankeiBiz, 論風(2012).

渡部俊也,9,10回「新興国の知財戦略」インド知財の行方を決める2つのイノベーション戦略の拮抗“Digital New Deal (2012).

渡部俊也, “海外で相次ぐ知財ファンド、産業界と政府は早急に対応を“, SankeiBiz, 論風(2012).

渡部俊也,小林徹、瀬川友史、李聖浩新興国の知財データの活用“, Japio Year Book 2012, 192-197 (2012).

◆2011年の業績

 (論文、招待論文、国際会議、解説、学会、ウエブ論説等)

渡部俊也「企業経営に資する特許情報とその活用、そこから何が得られるか」Japio Year Book 2011,68-73(2011)

渡部俊也編、新宅純二郎、妹尾堅一郎、小川紘一、立本博文、高梨千賀子「ビジネスモデルイノベーション」東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ第1巻、白桃書房(2011

渡部俊也 編、元橋一之、新宅純二郎、小川紘一、立本博文、富田純一著「グローバルビジネス戦略」東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ第2巻、白桃書房(2011

渡部俊也編著、各務茂夫、ケネラーロバート、妹尾堅一郎著「イノベーションシステムとしての大学と人材」東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ第3巻(2011

Yuri Hirai, Toshiya Watanabe, Atsushi Inuzuka, “Empirical Analysis of the Effect of Japanese University Spinoffs’ Social Networks on Their Performance.” 2011 Proceedings of PICMET ’11: Technology Management In The Energy-Smart World (2011)

Toshiya Watanabe , “Recent Increase in Patent Licensing in China and its Effect on South-South Technology Transfer ”,Tech MoniTor • May-Jun (2011)

渡部俊也,李聖浩“2008 年以降の中国における特許ライセンスの急増” IAM Discussion Paper Series #021, (2011).

渡部俊也「新興国のイノベーションシステムへの戦略的アプローチ―中国技術取引市場を事例として―」第26回研究技術計画学会年次学術大会(2011

大﨑敏郎、渡部俊也、関野勝弘「株価先行指標としての特許件数の分析」第26回研究技術計画学会年次学術大会(2011

平井祐理, 渡部俊也, 犬塚篤,”大学発ベンチャーのソーシャルネットワークとパフォーマンスに関する実証研究日本知財学会第9回年次学術大会 (2011)

瀬川友史,小林徹,渡部俊也,”中国における民族系自動車メーカーに見る特許権・実用新案権・意匠権の複合的獲得日本知財学会第9回年次学術大会 (2011)

渡部俊也,李聖浩,”中国の専利ライセンス契約の分析日本知財学会第9回年次学術大会 (2011)

渡部俊也 「被災地域の産業復興 産学ネットワーク活用を」Sankeibiz 7月18日(2011

渡部俊也 「仮設住宅の集会所」Sankeibiz1124日(2011

渡部俊也, 7回 新興国の知財戦略第8回 新興国の知財戦略「ベトナムのイノベーション活動に見る日本との親近性」(2011).

渡部俊也, 7回 新興国の知財戦略(東日本大震災後の番外編)(2011)

渡部俊也, “イノベーションのインフラ オープン化戦略を進めよう“, Sankeibiz,37 (2011).

渡部俊也, 6回 砂漠に知財創出拠点を生みだすアラビアのイノベーション戦略(後編)(2011)

★2010年以前は省略