DSCN1835

◇研究プロジェクト Reserach Projects

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

政策ビジョン研究センターとして、渡部研究室が参加しているプロジェクトユニットとしては、 「知的財産権とイノベーション研究ユニット」と「大学と社会研究ユニット」があります。

***************************************************************************

「知的財産権とイノベーション研究ユニット」 

1.趣旨

知的財産制度が企業のイノベーションに与える影響は複雑化しています。特に近年のイノベーションのオープン化、出願の急増、学術研究と産業技術との接近(サイエンスリンケージの上昇)、新興国の台頭等の変化は、その関係を益々複雑なものにしており、知的財産制度がイノベーションを阻害する側面も指摘されていることから「イノベーションを促進する知財制度の在り方」は最も注目される研究課題であるといえるでしょう。このような現状を踏まえ、新たなイノベーション環境に適切に対応し、イノベーションを促進する制度を作るとの視点から、『次世代の知的財産権制度(特に特許制度)のあり方』について研究を行い、それに基づいて政策選択肢の発信を行います。 

2.内容

世界の知的財産権制度(特許制度)は、構造的な変革期にあります。知的財産権制度がイノベーションに与える影響の実証的研究、オープン・イノベーションの進展等の環境変化が制度に及ぼす影響の学術的研究等を踏まえ、世界における『次世代の知的財産権制度』にあり方について、体系的な改革の選択肢を示します。これに含まれるのは、例えば、データ利活用のための知財保護と契約に関する研究、権利の保護と利用のバランス、特許の質向上のための制度・運用改革や国際協力のあり方、仮想空間の知的財産法、標準と特許、デザインドリブンイノベーションにおける知財戦略、営業秘密保護、データに関する知財戦略などは、最近の研究テーマです。オープン&クローズ戦略に代表される組織の知財管理や戦略の研究は、知的財産より概念の広い知的資産経営という視点での研究になりますが、最近集中的に取り組んでいます。 

3.研究トピックス

  • データオーナーシップに関する知財戦略と管理に関する研究
  • 知財戦略と管理における人工知能の活用
  • デザインの知的財産保護の在り方 : デザインドリブンイノベーションの活動による成果のグローバルで総合的な保護のあり方を研究します。
  • 知財司法制度の研究:知財紛争に関する実証分析研究を元に、効果的で改善された知財司法のあり方を研究します。
  • 新興国の知財制度:中国、インド、アセアン諸国の知財制度とイノベーション政策に関する研究を行います。
  • 営業秘密の研究:人の移動を通じた技術ノウハウの伝搬と流出に関する実証研究をもとにして営業秘密の保護制度に関する研究を行っています。
  • アセアン諸国の知財制度が直接投資に及ぼす影響:アセアン諸国の直接投資と技術移転を増加させるための知財制度および周辺制度を明らかにします(ERIAプロジェクト)。
  • オープン・イノベーションと知財:オープン・イノベーションのアウトバウンドとインバウンドの相互作用と知財保護の役割について研究を行います(科研費)。
  • 関係性資産としてのネットワークの効果を、東日本大震災の被災地のイノベーション活動を対象に分析します(科研費:被災地のイノベーションを支える社会的ネットワークの役割)
  • 企業の戦略的知財管理に関する研究を行います

「大学と社会研究ユニット」 

1.趣旨

今日、社会的な課題を解決するイノベーション、新たな社会システムの構築、国際的な協力等に関して、社会の側より、大学による知的な貢献に対する要請が高まっています。また、大学の側からみても、その知を一層鍛え、教育研究活動をより充実したものとするため、社会とのより緊密な連携が期待されています。大学と社会との連携をより密なものとするためには、両者間のインタフェース(組織、ルール、担い手としての専門人材、手法等)について、産学連携等に関する初期の10数年の経験を土台としつつ、 世界的に進むナショナルイノベーションシステムの変化を踏まえ、現在のものよりも、摩擦が少なく、間口が広く、効果的なものへと改革していくことが欠かせません。しかしながら、現在、そのための具体的な方策はみえているとはいえません。そこで、大学と社会に関する研究とそれを踏まえた政策提言を行うユニットを設置されています。 

2.内容

研究テーマとしては、下記のようなものがあります。従来、これらは個別に検討されてきましたが、相互の関連性が深いことを踏まえ、俯瞰的な視野を持って研究を行い、その成果を政策提言として発信しています。

  • 世界的に進むナショナルイノベーションシステムの大きな変化の中での大学と社会との関係の在り方について研究しています。
  • 産学連携に関する組織やルール、大学の特殊性を考慮した知的財産権制度やその運用、産学技術移転や産学共同研究における大学の知的財産マネジメントの影響や職務発明制度について研究しています。
  • 国際的な共同、人材交流を行う場合における安全保障貿易管理に関する組織やルールについて研究を行っています。
  • 大学の知を社会に効果的に発信するためのコミュニケーションやネットワーク形成の手法について研究しています。
  • 大学発ベンチャーの形成するネットワーク構造が、ベンチャーの業績に与える影響について研究しています。
  • リサーチアドミニストレーターの組織構造が、そのパフォーマンスに与える影響についての実証分析を行います。
  • 新興国のナショナルイノベーションシステムと大学の役割についてベトナム政府、インド政府と連携しつつ研究します。
  • 大学における利益相反の研究を行なっています。特に組織的利益相反について米国等の調査を進めています。

  Intellectual Property and Innovation Research Project

 1. Overview

 The effect of the Intellectual Property Rights (IPR) system on innovation today is becoming more and more complicated. Recent progress in innovation strategies, such as open innovation, rapid increases in the number of IPR applications, enhancement of linkages between science and industry, and economic growth in emerging countries are all influencing the effect and leading to roadblocks in the innovation landscape. “How should the IPR system be to promote innovation?” is a key question we are facing. In order to clarify the effect of IPR on innovation strategy by nations and organizations and to propose next generation IPR systems to enhance innovation, we study the IPR system we presently have. Our research focus is IPR system as a part of national innovation system. We emphasize empirical study and we make IPR policy proposals based on our research results.

 2..Research

 World intellectual property rights systems are in a phase of structural change. We show options for systematic reform of the current IPR system on the basis of empirical study on the effects of IPR on innovation systems, especially on open innovation strategies. Our study includes examination of the balance between the protection and the use of rights, ideal systematic reforms and international cooperation to improve patent quality, and the way patent management should be in increasingly complicated cases such as in international university-corporate collaboration or in universities. IPR and innovation in China, virtual reality and IPR systems, design protection and standard and patent systems are also our recent research topics. Adding to these researches, we make proposals on the operating infrastructure of intellectual property rights systems, such as seamless search systems that cover both patents and academic information

 3.Current Research Topics

Design Protection : Study on comprehensive legal protection system of design innovation.

IPR Judicial System  : Efficient and Improved judicial system of IPR litigation are studied by comparable and empirical study of IPR litigation decided by IPR high court between US and Japan

IPR system of China, India and ASEAN countries: Study on  IPR system of emerging countries from innovation policy perspective 

Trade Secret :Study on Trade Secret system to protect technology knowhow by empirical study on inventors transferring from Japan to emerging countries

Effect of IPR system on FDI to ASEAN countries:  Project to encourage financial direct investment to ASEAN countries from IPR perspective organized by Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA Project)

Open innovation and IP protection: Study on interaction between inbound open innovation and outbound open innovation and role of IP protection on it.            

University and Society Research Project

 1.Overview

 Currently, university is expected to play an important role to contribute to foster innovation and solves social problems and build up new social system through international cooperation. Closer cooperation between university and society is inevitable to strengthen its knowledge and improve its education and research activity.  In this research unit,  we study how to improve and strengthen ties between university and society.   By interdisciplinary research approach, and also based on study of national innovation system, we will clarify what kinds of network including university and industry is  necessary to build up desirable innovation system from comparative study among US,EP and Asian countries. 

 2..Current Research Topics

 Study on university technology transfer and university industry cooperation: the effect of IP management of university on joint research. 

Empirical study on university startups: Effect of network structure of startups  ties on their performance 

Empirical study on university research administrator(URA): Organizational structure of URA on their performance